とちまるくんの活動を紹介するまる!! とちまるくんの活動を紹介するまる!!

とちまるくんブログ

『地域の魅力とどけ隊』が「伝統宮染 福井染工場」に参上!

みなさんこんにちは!

2015年2月17日(火)、「伝統宮染 福井染工場(宇都宮市三番町)」に、とちまるくんと地域の魅力とどけ隊が参上しました!

 

「宮染(みやぞめ)」とは、宇都宮市内を流れる田川沿いに栄えた染め物です。

染め物をするには豊富な水量が必要で、江戸時代末ごろから、特産の真岡木綿を染めるために田川沿いに染物職人が集まり、半纏(はんてん)などを染めるようになったのが始まりと言われています。

 

(川沿いにはためく反物、かっこいいですね!!)

 

今回とちまるくんが訪れたのは、田川沿いに数軒残る宮染工場のひとつ、「福井染工場」さん!

こちらでは、昔ながらの技法を守りながら宮染を作り続けています。

 

(福井染工場にやってきました!)

 

福井染工場さんでは、『印染(しるしぞめ)』という染物を作っています。

印染とは、のれんや半纏、法被(はっぴ)、手ぬぐいなどに、家紋や社章、ロゴマークなど独自の「しるし(マーク)」を染め付けるものです。

お祭りのときに着る町名の染め抜かれた法被や半纏、消防団の方の火消し半纏などで、おなじみの方もいるのではないでしょうか(^^)

 

(とても分かりやすい見本がありました☆)

 

印染は、まずは型作りから始まります。

デザインが書かれた下紙と型紙を重ねて手作業で掘り抜き、「紗張り(しゃばり)」という網をのせてニスでとめます。

できあがった型と布地の上に木枠をのせ、木べらを使い糊をつけていきます。

糊を塗り終わったら、その上からおがくずをまぶし、1日かけて乾燥させます。

おがくずを糊の上からかぶせることで、べたつかずに染め上げることができるそうですよ。

 

(とちまるくんも特別に、木べらの使い方を教えてもらいました!)

 

次はいよいよ、布地を染めていきます!

今回見せていただいた染め方は、「刷毛引き(はけびき)」という、染料を刷毛で布地に塗っていく技法です。

タペストリーや、のれん、手ぬぐいなどを染める時はこの技法を用い、半纏や幕など大きなものを染めるときは、「浸染(しんぜん)」という、染料の中に布地を浸して染める技法を使うそうですよ(^^)

 

(素早く染料を塗っていく姿は、まさに職人!)

 

きれいに染め終わった布地を後ろ側から覗くと、くっきりと とちまるくんの姿が見えます!

これを乾燥させてから色止めをし、再び乾燥させ、水洗いをして糊とおがくずを落とします。

そしてさらに天日と風にあてて乾かし、最後に縫製をして印染が施された染物ができあがります。

 

(とちまるくん型の印染、できあがりが楽しみですね!)

 

晴れた日には、田川沿いに反物を並べ、作業が行われます。

型紙から作り始めて、染め終わるまでに最低3日はかかる染色作業ですが、どうしても天気に左右されてしまうことがあるそうです。

ですが、“使用してくれる方のため、ひとつひとつの作業をしっかりとていねいに“という思いからお仕事をしているそうですよ(^^)

 

(とっても素敵な光景です!)

 

福井染工場さんでは、印半纏(しるしばんてん)や団旗(だんき)、のれんや手ぬぐいなどを完全受注生産しています。

宇都宮市では8月にある宮祭りなど、半纏を着る機会もありますね♪

オリジナルの名前入り手ぬぐいなど、様々な用途に対応してくださるので、みなさんも「印染」が気になったらご連絡してみてはいかがでしょうか?

 

(かっこいい半纏に囲まれてハイ・チーズ☆)

 

 

伝統宮染 福井染工場

電話番号 028-633-4491

 

 

次回のおでかけも是非お楽しみに☆☆

 

 

まるっと