『地域の魅力とどけ隊』が「企業組合 らんどまあむ」に参上!

みなさんこんにちは!

2015年2月9日(月)、「企業組合 らんどまあむ(下野市笹原)」に、とちまるくんと地域の魅力とどけ隊が参上しました!

 

「らんどまあむ」は「大地の母」という意味で、こちらではふるさとのお母さんの味をみなさんにお届けしようと、郷土料理やお弁当を製造して、道の駅しもつけや宅配サービスなどで販売をしています。

また、地元の食材にこだわりを持ち、特に大根やじゃがいもなどは自家農園で栽培したものを使っているんですって!

今回は、下野ブランドにも認定されている「かんぴょうの八幡巻(やわたまき)」を取材します♪

 

(らんどまあむさんにやって来ました☆)

 

「かんぴょうの八幡巻」は、下野市の特産品でもあるかんぴょうとごぼうを使い、手軽に食べられるメニューとして開発されました!

早速作り方を見せていただきましたよ(^^)

まずは、油揚げの上に鶏ひき肉を乗せて、ていねいに広げます。

 

(厚さが均等になるように広げるよ)

 

続いて、下茹でしたごぼうとにんじんを鶏ひき肉の上に乗せて巻いていきます。

完成して切った時に、断面がキレイに見えるよう、ごぼうとにんじんを配置するのがポイントだそうです(^^)

 

(とちまるくんも真剣に見ています!)

 

そしてここで登場するのが、かんぴょう!

油揚げの上から、かんぴょうを巻いていきます。

力を入れ過ぎると切れてしまうので、とっても難しい作業なんですって(>_<)

そのため、なるべく肉厚で長い、品質のいいかんぴょうを選んで使っているそうですよ☆

 

(くるくると手際よく巻いていきます(^^))

 

かんぴょうを巻き終わったら、しょうゆ、砂糖、みりんなどを入れたお鍋で、30分~1時間ほどかけてじっくり味を染み込ませながら煮ていきます。

紙の落し蓋をしてぐつぐつ煮ていると、おいしそうな甘辛い匂いが厨房に広がります(^^)

 

(早く食べたいね!)

 

煮上がった八幡巻は、旨みを閉じ込めて菌の繁殖を防ぐために一度急速冷却してから輪切りにし、真空パックをして販売されます。

真っ白だったかんぴょうはしっかり味が染みて飴色になり、ごぼうとにんじんは色も鮮やかで、鶏肉との相性もバッチリ☆

懐かしい味わいの、お母さんの味です(^^)

 

(かんぴょうの歯ごたえもポイント!)

 

また、自家農園で栽培した大根を使った、しもつかれも人気の一品なんですよ(^^)

しもつかれは、シャケの頭と、節分にまいた残りの大豆、大根おろしなどの野菜と酒粕を煮込んだ栃木県の郷土料理です。

 

(とちまるくんも大好きなしもつかれ☆)

 

「企業組合 らんどまあむ」さんでは、地元伝統の味を残して、みなさんに味わってもらいたいと約25種類のお惣菜やお弁当を作っています。

また、かんぴょうを使ったさまざまなレシピを考案したり、一般の方を対象とした農業体験を行うなど、「食」の魅力をみなさんにお届けする活動を行っているそうです。

これからも、おいしい料理を提供してくださいね(^^)

 

(らんどまあむのみなさん、ありがとうございました(^O^))

 

 

企業組合 らんどまあむ

http://okoshifarm.zashiki.com/randonewtop.htm

 

 

 

次回のおでかけも是非お楽しみに☆☆

 

 

まるっと

一覧へもどる

こんにちは!’とちまるくん’まる~

栃木県マスコットキャラクター
「とちまるくん」

県庁前のトチノキで生まれたちょっとやんちゃな頑張り屋さん。
とちまるくん体操とかけっこが得意。

とちぎの「元気」と「ニコニコ」で全国のお友達を笑顔にすべく奮闘中!

ブログ内検索

最新の記事

アーカイブ

カテゴリ

とちまるくんオフィシャルホームページ