『地域の魅力とどけ隊』が「合同会社NASU no Maki Udon」に参上!

みなさんこんにちは!

2015年2月4日(水)、「合同会社NASU no Maki Udon(大田原市本町)」に、とちまるくんと地域の魅力とどけ隊が参上しました!

 

合同会社NASU no Maki Udonさんでは、『NASU no Maki-Udon-那須の巻うどん-』の販売を行っています。

那須の巻うどんとは、麺状に切る直前のうどんの生地をそのまま巻いたもので、明治時代から続く伝統があるんですよ!

それでは、食べておいしい、作って楽しい那須の巻うどんの取材に行ってきます!

 

(巻うどんとはどういったものなのか、楽しみです!)

 

明治40年から那須地域の製麺所では、ロール状に巻いたままのうどん生地が販売されていましたが、時代の波に押され、次第になくなってしまったそうです。

合同会社NASU no Maki Udonさんは、「このままなくなってしまうのはさびしい、またあのうどんが食べたい」という思いから、若い世代の方にも知ってもらえるようなパッケージにして、『NASU no Maki-Udon-那須の巻うどん-』として復活させたのでした。

 

(思いの詰まった巻うどん!)

 

那須の巻うどんは、板状になった生地を2枚重ねてクルクルと巻いていきます。

この重ねて巻く作業は、工場で作る際も1本1本手作業で巻いていくそうです。

自分好みの太さや量にカットして、手軽に手打ち風のうどんを食べることができ、ご家族で一緒に楽しく調理できるのが特徴のうどんです!

 

(クルクル楽しそう♪)

 

それでは、調理方法をご紹介!

那須の巻うどんは、生地を好きな形に型抜きして揚げてスナックのようにしたり、そのままカットして茹でたり、ほかにも餃子の皮やすいとんを作ることもできるんですよ♪

 

(型抜きしてみるよ(^^))

 

型抜きして揚げたものが、こちらです!

とてもカリカリとしていて、味付けしなくても、元々麺に入っている塩気がほのかに感じられ、あとを引くおいしさ♪

お好みでケチャップやマヨネーズをつけて、またジャムや粉砂糖などをかけておやつにしてもいいですね(^^)

 

(スナック感覚で食べられます♪)

 

こちらは、カットして茹でたもの!

茹でられた麺はつやつやしていて、とってもおいしそう!

さまざまな太さや形にして茹でても型崩れすることなく、細麺は6~9分、太麺だと13~15分で茹で上がるんですよ♪

 

(太さも形も自由自在☆)

 

イベントなどで那須の巻うどんを販売する際に着る、PR用のTシャツがあります。

Tシャツの後ろには、巻うどんをイメージしたイラストが描かれていました。

一目で巻うどんだとわかる、ぐるぐる巻きがとってもかわいらしいデザインだね☆

このイラストのTシャツを着ているスタッフの方を見かけたら、声をかけてみてください♪

 

(とっても似合っているよ♪)

 

那須の巻うどんは、道の駅 那須与一の郷や東武 大田原店、JR宇都宮駅ビル内にある「とちびより」、インターネット通信販売のほかに、予約でのみ事務所販売もしています。

栃木県産小麦100%で作られる那須の巻うどんをみなさんもぜひ、食べてみてくださいね(^^)

 

(今日は、ありがとうございました!)

 

 

合同会社NASU no Maki Udon

http://makiudon.ocnk.net/

 

 

次回のおでかけも是非お楽しみに☆☆

 

 

まるっと

一覧へもどる

こんにちは!’とちまるくん’まる~

栃木県マスコットキャラクター
「とちまるくん」

県庁前のトチノキで生まれたちょっとやんちゃな頑張り屋さん。
とちまるくん体操とかけっこが得意。

とちぎの「元気」と「ニコニコ」で全国のお友達を笑顔にすべく奮闘中!

ブログ内検索

最新の記事

アーカイブ

カテゴリ

とちまるくんオフィシャルホームページ