とちまるくんの活動を紹介するまる!! とちまるくんの活動を紹介するまる!!

とちまるくんブログ

『地域の魅力とどけ隊』が「有限会社 吉沢板金工業(宇都宮市東今泉)」に参上!

みなさんこんにちは!

2015年1月19日(月)、「有限会社 吉沢板金工業(宇都宮市東今泉)」に、とちまるくんと地域の魅力とどけ隊が参上しました!

 

今回とちまるくんが取材するのは、内外装板金の「とちぎマイスター」、吉沢隆夫さんです!

「とちぎマイスター」とは、栃木県内にいて、さまざまなジャンルで優れた技術を持つ人のことです。

栃木県の熟練技能者の高齢化や、若い世代の方のものづくり離れによる すぐれた技能の維持、継承が危ぶまれていることから、優れた技能者を「とちぎマイスター」として認定し、認定者の活動を通じて、ものづくりに興味を持ってもらうと同時に、技能者の育成などを目指しています。

 

板金(ばんきん)は、薄く平らに形成した金属の板のことで、それを切ったり曲げたりして加工し、様々なものを作ります。

板金には「建築板金」、「自動車板金」があり、一般的に知られているのが、自動車板金です。

吉沢工業さんでは、「建築板金」を行っており、お家の屋根や外観、装飾なども作っています。

 

(工場の外壁も、吉沢板金工業さんが自ら手がけました!)

 

工場の中に入ってみると、壁に立てかけてある黒い板を発見しました!

これは「ガルバリウム鋼板(こうはん)」といって、主にお家の屋根に使うものだそうです。

工場では、大きな板金を切り、成形してから現場に持って行くそうですよ(^^)

 

(これがお家の屋根になるんだね♪)

 

こちらは、幅を決めて板金を切ることができる機械です。

作るものによって幅を設定できるので、大きいものから小さいものまでさまざまなニーズに対応できるんですよ!

 

(きれいに切れます)

 

この機械は、板金に圧をかけて成形するものです。

吉沢さんが屋根に使うために成形したものを見せてくれました。

屋根に使う板金は、ガルバリウム鋼板以外にも、チタン、ステンレス、銅などがあります。

 

(きれいな形になっているね!)

 

吉沢さんが、今まで携わった現場の写真を見せていただきました。

社寺の屋根を銅板で作っている様子で、装飾品なども手作りなんだそうです!

吉沢さんの所では、ご家族で建築板金をしているんですよ(^^)

 

(家族で技術を磨いているんだね(^^))

 

学校やイベントで、板金の技術を使って銅板の鶴や亀などを作る様子を披露しているそうです。

まず紙で実際に鶴を折り、それを元に展開図を作り型紙をおこしてから銅板に印をつけて、切れ目をいれていきます。

そして、工具を使いながら手で折り、鶴の完成です。

 

(銅板は柔らかいので細かい細工ができるそうですよ(^^))

 

事務所には、吉沢さんが銅板で作った作品が展示されていました。

ブリキを使った、作る表札やジョウロなども作っているそうです。

 

(小さな亀や兜もあって可愛いね☆)

 

吉沢さんは、県内の職業訓練校で建築板金の講義をしているそうです。

1年生には基本的な金属の性質や加工の仕方を教えて、2年生になると、技能検定の知識や装飾品などを作るのに必要な展開図の作り方を教えています。

建築板金の技が、こうしていろいろな方に伝えられているんだね!

 

(取材にご協力いただき、ありがとうございました(*^_^*))

 

お家の外装や屋根、雨漏りなどの相談も受け付けているそうなので、気になる方はホームページからお問い合わせ下さい。

 

有限会社 吉沢板金工業

http://www.roof-meister.com/

 

 

次回のおでかけも是非お楽しみに☆☆

 

 

まるっと